929f6dfd71d874cf930ee5abb9179b65_s

レースと調教

見えない疲労の蓄積を防ぎつつレース前の調子を併せで上げる

投稿日:

大感謝BOXの結果

蹄鉄ダート→祭り馬R→シマウマR

金枠がやっと出ました!しかも連続で(笑)
ペット系ですが、これは上向いてきたかもと・・・実はこの2回いつもと違う時間帯でインしたものです。関係あるかどうかは不明ですがいつもは10時過ぎとか15時過ぎ、又は21時過ぎのインですが金枠が出た時間帯は5時過ぎでした。

普通は寝てる時間だよ~まぁ引きの悪さは置いといて今回はピークインした期待馬の調教方法について

 

期待馬が予定より早くピークインしてしまった!

期待馬にはいっぱいアビを付けてさらに突破させて最強馬を作りたいのが本音
ところが思ったより早くピークインを迎えてしまった場合
「もっと併せをしたいのに~」あるある
と思いますよね。

 

フェイクスマイル

前に紹介した期待馬です3歳9月3週にピークイン、3歳一杯調教に当てたかったのですが適正はほぼ完成してるので出走する事にしました。

現在カミソリを追加して8つのアビを持ってます。

芝系 ナタ、カミソリ
共通 PF、ロンスパ、折り合い(スローペース、マッスルアーマー、マッスルボディ)
砂系 マッスルアーマー、マッスルボディ

良い意味芝でも砂でも走れる恰好ですが手持ちのカードからピッチそれと大駆けはカード種から追加が可能なので、芝ダート調教で調子を上げるより併せでアビ取得を狙おうって魂胆

限界突破を狙うにはリスクが大きいので突破カードは使わない事にしました。

 

見えない疲労はカードで相殺

見えない疲労は見えないだけに「どんだけ」なのかわかりませんよね。
そこで参考になるサイトがありました、
「あさひの競伝日記」さん
2013年3月の記事で紹介されてます、「競馬伝説 見えない疲労」でググれば出てきます。
ずいぶん前の記事ですが、細かく紹介されてます。今まではある程度推測で疲労抑制カードを使っていたので1ポイント分余分に使っていたようです(もったいない事しました)

フェイクスマイル調教画面

詳細は「あさひの競伝日記」さんを読んでいただくとして

調教は3日連続併せを使い明日ダート調教で仕上げます。
初日の直一では疲労抑制+3とアビ種
2日目の一杯では疲労抑制合計+4とアビ種
3日目の一杯では疲労抑制合計+3とアビ種

疲労抑制カードが不足して3日目は併せによる疲労を+1蓄積。
結局アビは覚えませんでしたが疲労抑制カードがあれば今後初日~2日目まで同様の併せを行えるとなれば放牧明けにスタミナと持続が減少する傾向のあるうちでは有効な調教方法となります。

※ペットの構成により放牧明けのパラメータ減少は変化

 

見えない疲労を気にせず重賞を連戦する事も可能

G3出走させた場合+1.5程度の見えない疲労が溜まるとするとこれを完全解消するには1日休養を与えて森林馬道効果で見えない疲労を相殺させた上で翌々日出走する事も可能。

※中1~2日開けると現パラは減ります。

G1でも+3.5程度なのでそれ程気にする程でもないと思ったりするのは私だけでしょうかw

※疲労回復効果は森林馬道レベルで違います

 

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-レースと調教
-, ,

Copyright© bakenclub , 2017 AllRights Reserved.