454b0ee3d16c671d5302b682c591ac9e_s

種付けと配合

生産の知識と繁殖牝馬をそろえる

投稿日:2014年8月5日 更新日:

競馬伝説での基本的な生産のやりかた

過去なんべんも書いてきたテーマなんですが、最近はパーフェクトな競走馬は生まれてません。これを前提に読んでください、所詮パーフェクトな馬が簡単に出来てしまったらこのゲームは終わりです。

一時オールSS馬が多数出現、全体公開種にオールSS馬が蔓延した時期がありました。そのままだと終焉だったかもしれません、そこで出てきたのが繁殖ロジックの変更と上限解放S3の誕生です。今となってはグッドジョブ?だったのではないでしょうか(笑)ま、あくまで私の想像なので話半分で読んでくださいよ。

 

繁殖ロジックの変更

従来の繁殖ロジックに追加という形でSSS(S3)が追加されてレースタイムも上限だった指数125をオーバーする馬も出てきましたが、反面ゲート能力の継承が種牡馬の気性からではなくランダム抽選になったぽい(公式アナウンスがあったか不明)と色々変化してます。

従来の繁殖ロジックに追加という文面からではSSSを除けば特に生産(種付け)においては変化はないはずなのにパラメータの劣化はひどいものがあった。

パラメータの決定は全て抽選によって決定されているならば、SSの氾濫をおさえるためその割合を変更したのなら合点がいく話ではあります。

 

パラメータの決定の基本は抽選

ではどういう風にパラメータは決定されてるのでしょうか。

能力パラメータの決定は芝ダート適正の決定と同じシステムと私は考えていて、能力パラメータの場合それに加えて遺伝により出現する個別のパラメータの範囲と確率を振り分けて決定してるのではないでしょうか。

たとえば繁殖牝馬のスピード能力SSと種牡馬の遺伝SSスピード能力Aの場合

繁殖のSSになる確率25%
種牡馬のAになる確率25%
ランダムでSS~Bのいずれかになる確率50%

遺伝SSで両親から受け継ぐ確率を50%ランダム要素を両親の能力の平均(S)から2パラまでに設定パーセンテージはあくまで仮定、こういう感じで抽選を行っているのではないでしょうか。

※実際は数値の変動(他の要素含む)でSとかSSで表示されるだけです。

両親のスピード能力がそれぞれSSならランダムSS~Aの間で決定し母父の遺伝力で多少変動
乱暴な設定ですがこんな感じじゃないかな~と思ってます。あくまで個人の感想なので都市伝説にならないように(笑)

 

種牡馬の遺伝により抽選範囲が決まる

種牡馬の遺伝が高ければ両親の能力を継承する確率が高くなるのは誰でも知ってることです。

遺伝SSが上記のようであれば遺伝が下がれば当然両親の能力を継承する確率は減るはずですからこうなるのではないでしょうか。

繁殖牝馬スピードSSと種牡馬の遺伝Aスピード能力Aの場合

繁殖のSSになる確率15%
種牡馬のAになる確率15%
ランダムでSS~Dになる確率70%

さらに母父の遺伝が低い場合はランダムで決定される確率が高まります。
※パーセンテージは仮定

そもそも表記上繁殖と種牡馬の確率を同じにしてますが繁殖牝馬のウェートが高いような気がします。

遺伝が低くなれば低い程ランダムに当選する確率が高まりさらにランダムで決定される範囲が広くなるのなら繁殖牝馬の能力が低いうちはあえて母父の遺伝を低くしたり種牡馬の遺伝を選んで調整することも可能ではないでしょうか。

 

生産の基本配合方法

公式アナウンスがない以上上記の記事に確証はありません、ただある程度の仮定の上で生産すれば無駄に期待したりガッカリする事もなくなると思います。

ではここからは生産の基本について解説していきます。

配合の方法はニックスとアウトブリードさらにインブリードとインブリードにニックス配合のインニックスの4つの方法があります。

4つの方法から実際に使えるのはニックスとアウトブリードのみ、インブリードだと現在のゲーム育成では疲労が大きすぎて使い物にならない上にそのリスクに比べるとパラアップ効果が小さいのが難点。又インブリードでは因子を利用すると能力パラ1個分の上昇を見込めるのですが単なるインブリードの場合弊害ばかりが目立つのも使えない理由となります。

どうしても付けたい相手がインブリードの場合、ニックスを利用してインニックス配合にする手もありますが、ニックスの効果自体薄いものなのでそれ程の効果は見込めないです。

SSSを狙ってインブリードを利用する方法もあります、この場合も期待値はSSSだけになります。アップデートによりインブリード配合の改善がない以上ニックス配合とアウトブリード配合を使って種付けしたほうがよいと思います。

 

アウトブリードニックスで種付けする場合

そもそもニックスとは競馬において過去の成功例に基づいて決定されていくものであって、競馬伝説ではニックス配合の特徴として全体的な能力引き上げと体力気性脚元の能力にプラス効果を望めるアウトブリードの効果を追加することが出来ます。ニックスにすることにより個性の影響を回避することも可能になります。

種付け画面にて下の画像が出たらアウトブリードニックスとなります。

ニックス画面

先に書きましたがニックスの効果はそれだけでパラメーターが1個分上がるほど大きくありません。地道に少しづつ代重ねによって上げていくイメージになります。

 

アウトブリードで種付けする場合

アウトブリードの効果はニックスと同じで体力気性脚元のプラス効果、それに加えてアウトブリードでは個性の影響を受けるのが特徴になってます。

個性の影響

ニックスが全体的な能力をわずかながら引き上げるのに比べてアウトブリードは狙った能力を上げる事が可能になります。ただし上がったとしても精々パラメータ1個分くらいでAからSSまで上がる程の爆発力はないと思います。

各能力の上げ方は以下の通り
※1はインブリードで配合した場合なのでここで見るのは2です。

同カテゴリーで配合

一つの例として瞬発力を上げたい場合に付いて書いてみます。

同じカテゴリー同士の配合の使い方としては繁殖牝馬の芝適正が高い場合、種牡馬は当然芝適正の高い馬を選びます、そうする事によって芝適正の高い産駒が期待出来ますから後は仔馬の瞬発力を上げるのが課題となります。

そこで瞬発同士で配合すると目的の瞬発力が上がる可能性が高まります、気性とパワーはランダムなので上がる時もあれば下がる時もあります。その場合パワーは下がっても芝馬を作るのが目的なので問題ありません。気性はアウトブリードの効果で相殺される可能性もあるかもしれません。ただしスタミナは下がる可能性があります。

こんな感じで目的のパラを上げる代わりに他のパラメータが下がるリスクもあるという訳です。

他にも隣同士や対局の個性で配合することも出来ます、影響するパラはそれぞれ変わってきますからヘルプの影響のある能力の度合いを読んで実践してみてください。

出来るだけ個性の影響を受けたくない場合は上記以外の組み合わせにすると良いでしょう。

実際種付けしてみると上がる予定のパラが下がっていたり下がるはずのパラが上がっていたりします、これは最初に書いた抽選の影響なので競馬伝説でよく言われる「運」の要素なので気にする必要はありません。

 

繁殖牝馬を用意する

パラの生成と配合についてなんとなくわかってきた所で繁殖牝馬を揃えましょう、繁殖牝馬の入手方法はいくつかありますが、最初から出来るだけ高パラの繁殖牝馬を揃えたいですね。

 

ダリアとラフィアン

一番簡単なのがセレクトセールで手に入る高額繁殖牝馬、高額というくらいですからかなり価格は高めに設定されてます。その中で使えるのはダリアとラフィアンです。この2頭は初めから持続が高めに設定されているので重宝します。

 

セレクトセールを利用する

忘れた頃に開催されるセレクトセールですが、前回のセールではかなりレベルアップした繁殖牝馬を出してました。しかも活性ですから是非にも手に入れておきたいところです。

セレチケが必要になりますから普段から集めておくとよいでしょう。

 

EX繁殖牝馬

こちらも最初からある程度まとまった能力の馬が手に入ります。入手ルートはやはり合成でしょうか。

 

レンタル繁殖牝馬

あまり評判はよくないレンタル繁殖牝馬ですが一応活性らしいのでトライしてみる価値はありそうです。

 

一昔に比べれば繁殖牝馬の入手ルートも増えてます、多少努力は必要になりますがここは妥協できないところなので頑張って揃えてください。

 

シンジケート券を集める

繁殖牝馬を揃えるのと同時進行でシンジケート券を集めます、大量に必要になりますから頑張って集めてください。シンジケート券があれば馬会種に種付けが可能になりますから一気に使える競走馬が出てくる可能性が高まります。

活性種以外のカード種牡馬で使えるのはサンデー01のみ、世代を進めて高パラになった繁殖牝馬の場合は他の金種も使えることは使えますが、ユーザ種牡馬にはかなわないと思った方がいいでしょう。

種牡馬の情報を集めるのも重要、種牡馬のオーナーに直接持続や距離幅を聞いて候補を絞り込みます。

馬会種を付ける場合は出来るだけ血統が被らないようにする必要があります。つまり同じ種牡馬に多数付けするのは絶対に避けましょう、血が濃くなりすぎて自家製同士の配合がうまくいかず行き詰まりになります。できればプレ会員にお願いしてG1馬を一時馬会におろしてもらうのも良い方法だと思います。

 

イベントを利用して種付けする

必ず満月を利用して種付けします。

 

他にも距離や個性成長タイプ等色々工夫の余地はありますが、最初の内は次世代で使える種牡馬と繁殖牝馬をつくるのを優先したほうがレベルアップの近道になると思います。

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-種付けと配合
-, , ,

Copyright© bakenclub , 2017 AllRights Reserved.