0ce2deaca74f4cb7ca5ac564fe87cc02_s

レースと調教

なにもないときは適正アップをねらう

投稿日:2016年6月29日 更新日:

芝と砂適正を上げる

GAYA移管一周年おめでとうございます。

さて資金が一時7億まで減りましたがマーケット購入を控えアイテム売却益とレース賞金により本日のレース賞金で330億超えます。ただこれだけの資金では今の競馬伝説ではあまり意味がありません。

突破カードもアビ種もない状態が続いてます。こんなときは適正アップを狙いましょう。

以前ねおゆにさんが提唱していた「ベースタイム」を参考に
全ての能力パラがSSで適正パラがSSの場合指数は118
晩成馬ならアビがなくても中心補正と上り補正が出れば指数125にとどく可能性があります。

芝適正Sの馬に芝鉄をはめると指数が約1アップすることから単純に適性を上げれば指数も上がる事になります。段階により多少のタイムのずれはあると思いますが芝Aの馬をSSにすれば指数にして2アップの可能性が出てきます。これはつまらないアビを覚えるよりも効果的といえます。

現在アビ取得は受難の時代、やんちゃ完璧の状態でいつ取れるかわからないアビ取得を狙うより「左パラはよいが右パラが悪い」馬の矯正を優先させたほうが得かなと思い以下の馬に実施しています。

ルーティーン

4歳馬、まだ突破カードがある時期だったのでパラは全壁。根性と持続がSSS化しかなり見栄えの良い馬になりました。アビは6種ありパワー系中個性でPfと根性系アビ2種をもっているため次はスタミナ系へ移行を狙ってます。

芝の矯正はAからSSまで上げ終了。マッスルのコンビアビを持っているため現在ダートを上げている最中でもあります。

※宇宙食やおにぎり等の高価な餌を使いたくないため、矯正する場合は「骨太」はあらかじめ仕込んでおいたほうが絶対によいです。また馬体重をかなり増やした状態で調教となるため調教効果はほぼ「ない」ことになるのである程度弱点補強をした後ではじめるほうがよいでしょう。

 

ストリート

こちらも4歳馬、最近ピークインしたので騎手育成用に条件戦を2戦消化したところです。砂適正はAからSSへまだ成長余地が残ってますが、間に合ったというところでしょうか。こちらは体力系で骨太ウルタフを持っているので餌は全く問題なく馬体重を増やして調教する必要もありませんでした。

体力系中個性でアビは全て取得済み、芝適正を上げるのは今からでは不可能に近いので根性系か気性系に移行予定。

 

他にも既に矯正終了した未出走馬が1頭、矯正中の未出走馬が3頭います。

 

この調教の良い所はコストが安く済むこと、もちろん「骨太」があるとないとでは餌がかわってきますが。

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-レースと調教
-,

Copyright© bakenclub , 2017 AllRights Reserved.