269837

レースと調教

たかがパーフェクトフォームされどパーフェクトフォーム

投稿日:

素質ありながらオープン止まりの馬っているよね

ブルブル

SSSが3か或は4個あるかも、☆34くらい
芝は突破でSの天井まで上げていて
うちではトップクラスのパラ構成

距離は14-16のスペシャリストなのに未だ重賞にとどかない馬です。

今日が20戦目ですw

4歳10月ピークインなのでおそらく晩成型
パラ換算で上りと中心距離補正を加えると122以上は見込める
実際124で走ったことも

重賞が壁なのはアビ構成
ピッチハイピッチロンスパ骨太と短中距離にはイマイチなアビ

そこでスピ系への移行とPF取得をず~っとやってるのですが
遂に付きました「パーフェクトフォーム」

普通アビやんかとは言わないでください

今日出走してるのですが計測してみました
右 125 124
左 125 123

右回り苦手ですが指数はそれほど変わらない、むしろ右のほうが良い
レース当日の計測で安定してますから期待感は高まります。

 

もう1頭のパーフェクトフォーム

シエルウィダンス

体力系で骨太取得後スタミナ系へ移行
ピッチハイピッチ骨太と上の馬とアビ構成はほぼ同じパターン

距離は10-16と短距離馬、幅は800程かな

不思議なことに上の馬と同じ日に「パーフェクトフォーム」取得
4歳5月ピークインのたぶん晩成型
上の馬と違うところは明日デビュー戦ってところ

はてさてパーフェクトフォーム1つでどれだけ変わるか楽しみです。

 

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-レースと調教
-

Copyright© bakenclub , 2017 AllRights Reserved.