7c02a801e2f64a62d48ba23ee9d63b5e_s

レースと調教

こんなんでも勝てました重賞2勝目はガンツ、フローラステークスゲッツ

投稿日:2014年6月12日 更新日:

2歳戦~3歳戦のたなぼた重賞勝利は後が続かない罠

ドバイWC2着桜花賞2着、「ハマっちゃったかな」と思ってたら意外なところから今季重賞2勝目が転がり込んできました。

 

ガンツ

能力パラに関してはスタミナが欠けてるので☆29くらい持続なんか捨てちゃうレベル(笑)おまけに距離幅が広いので中心距離補正なんかまったく期待できません。なので1600~2400のダート戦を4戦程使ってます。アビは根性系のマッスルボディと叩き合い、パワーがSSS砂適正も良いのでどこから見てもダート馬ですよね~。

期待してないので流れで調教してたら仕上がった所で手ごろなレースがない!調教しててよくあるパターンですね~読んでるあなたも経験があるはず!!どうせ出すなら混合よりも牝馬限定がいいでしょう。フローラステークスに登録

なんと7番人気でたなぼた勝利、こういう事って意外とあるんです。

 

こういう馬はたいてい一発屋

さてこの馬の今後ですが傍から見たら重賞馬です、さらに中身を知ってる筈の馬主様が色気を出してあれこれジタバタ上積を狙ったりしますがたぶん無駄に終わります、経験上(なんべんも失敗してます)かなり無駄な努力になりますから要注意です。つまり突破カードやアビ種なんか使ったりするともったいないのです、どっちにしても繁殖には使えませんからね。

後は細々とダート路線を走る事になります。

 

なぜこんな馬でも勝てるのか?

過疎化と生産ロジックの変更の影響、満月の時期さらに重課金ユーザの減少で以前に比べると2歳~3歳重賞では結構な確率で穴レースが存在します、もちろん3歳海外もねらい目になります。相手次第にはなりますが馬が仕上がってるなら出すべきでしょう。

あ、出さなくてもいいですライバル増えると困るから・・・

 

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-レースと調教
-

Copyright© bakenclub , 2017 AllRights Reserved.