microphone-1209816_640

種牡馬

種牡馬で遊ぶ

投稿日:

マジムンルーティン株完売間近

一昨日紹介したマジムンルーティン株、募集枠40に対して応募数39!
HPでの公開が功を奏したのか残り1株になりました。

同じく価格設定を最小にしたマジムンハート株も17株売れてます。
ご購入された皆様に感謝です。

 

さて種牡馬シンジケートも定着してますが、以前の仕様だと公開馬種付け時に1億近い種付け料を支払い種付けを行っていました。
公開主はその種付け料によりゲームマネーを獲得します。

シンジケート制度に変わり今では株を所有していないと種付けができません
そのかわり抜け道も用意されていて余勢枠やマーケットを使って株を入手する事が出来ます。

さらに種牡馬リーディングも加わり種牡馬育成ゲームとして遊べそうです。

オンラインゲームでは課金量が競走馬の強さにつながりがちですが、種牡馬に関しては「血の濃さ」が邪魔します。月額プレ会員でも人気馬さえ作れば馬主ランクは無理でも種牡馬リーディングは狙えそうです。

そこでもう一度種牡馬シンジケートから見直ししてみましょう。

 

種牡馬シンジケート

gangster-1876017_640

当初種牡馬シンジケートで儲けられないか考えていました。すぐに無理だと気が付きます。以前の1億近い種付け料に比べても格安、さらに一度購入すればそれ以降の出費がない種牡馬株が売れません。

普通にプレイしてるユーザー(私)にとってゲームマネーは貴重で格安とはいえ5株まとめ買いするのは躊躇してしまいます。

安ければ売れるわけでもないですが、この時点で儲けが出ないことは分かっていますからユーザーの購買意欲をあげるため価格設定は最低にしました。

種牡馬株は完売が理想、さらに余勢枠で数を稼ぐ

種牡馬株余勢枠とも最大で40株づつ、合計80株。1シーズンこれだけの産駒が誕生すればなにもしなくても種牡馬リーディングは安泰でしょう。

しかし限りなく不可能に近い数字になります、一番手っ取り早いのはそのために複垢を多数つかう方法もありますがコストを考えるとあまりお勧めできません。

種牡馬の公開は11月1週までに済ませる

と公式には書いていますが、11月1週だと12月3週が種牡馬株当選日になります。余勢枠応募が動き出すのが「余勢枠応募を催促するメール」が届いた後からですからそれ以前に当選を確定しておく必要があります。

とにかく少しでも売る(配る)ことで種牡馬リーディングに近づくことが出来ます。

 

マーケットの活用

oltimer-1657275_640

売れ残った株はマーケットに流通させることで売ることが可能です。マーケットでも売れる価格で出しておけばよいでしょう。

種牡馬マーケットではまだまだ出典数が少なく、私も全公開種を出してますがユーザー認知度が低いのでなかなか売れません。各ユーザーがマーケットを活用しはじめると一気に種付け環境がかわる可能性があります。

 

投稿を書いている間にマジムンルーティン株完売しました!!

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-種牡馬
-,

Copyright© bakenclub , 2017 AllRights Reserved.