town-sign-1148092_640

種牡馬

種付け料0になったら公開取り消し

投稿日:

種牡馬公開取り消し(種付け料減額)について

シーズンがかわり種牡馬シンジケートの公開取り消し判定が行われ種付け料減額対象馬の公開取り消しが行われたようです。いよいよ公開種牡馬の淘汰が始まったわけです。

しかし種牡馬シンジケート仕様説明の種付け料減額について曖昧な点がいくつかあります。幸いにも複数のブログで解説記事がでてます。

 

種付け料改定のタイミング

種付け料改定のタイミングは初回の判定基準期間(3S~5S)を経過後の翌シーズンから公開存続条件とは別に種付け料の改定が行われます。

これについては運営よりお知らせがありました。

■対象シーズン
種牡馬の成長タイプが、
 ・超早熟、早熟の場合:公開から5シーズン目
 ・やや早熟、普通の場合:公開から6シーズン目
 ・やや晩成、晩成の場合:公開から7シーズン目
以上のシーズンから種付け料改定の対象となります。

種牡馬シンジケート種付け料減額による公開取消に関しまして

 

超早熟~早熟の場合

公開から4S目に最初の公開存続判定を行い5S目からは種付け料の減額も行われます。ただし4S目の公開判定の場合減額査定はありませんが産駒にGⅠ勝利があった場合は種付け料は増額されます。

種付け料増額の一例
マジムンファーストの場合 500万→700万 (200万UP)
現役成績GⅠ1勝 産駒成績GⅠ1勝

 

種牡馬公開
基本種付け料
1S~3S
猶予期間

%e7%9f%a2%e5%8d%b04

種付け料改定
(1回目)
4S
増額判定

%e7%9f%a2%e5%8d%b04

種付け料改定
(2回目以降)
5S~
増額、減額判定

 

増額に対しては初回から減額は2回目以降の公開取り消し判定より行われる

 

やや早~晩成の場合

やや早~普通は5S目存続条件判定6S目から種付け料改定、稍晩成~晩成は6S目存続条件判定7S目から種付け料改定となります。増額に関しては同じです。

やや早以降の初回存続条件判定後の公開存続条件は過去3Sを対象に判定されます
以下公開存続条件参照

%e5%85%ac%e9%96%8b%e5%ad%98%e7%b6%9a%e6%9d%a1%e4%bb%b6

2回目から公開存続条件も毎S判定されます(草案より抜粋)
産駒数を確保出来ている場合「1億円」のぬるい条件は問題なくクリアー出来ます。

 

種付け料改定(増額)

産駒がGⅠ勝利することで種付け料は増額される。

基準となる種付け料(初期種付け料)

 初期(3S間)の種付料 = 300万 + G1勝利数 * 200万 + クラシック勝利数 * 500万

クラシック以外のGⅠ1勝の場合最初の3S間の種付け料は500万
これが基本の種付け料となります。(初期(3S間)の種付け料)

牧場→種牡馬リスト→公開種牡馬→(金額)で確認出来ます

 

1回目の種付け料改定

草案の仕様なら最初の判定で産駒成績(GⅠ勝利数)により増額。

 種付料 = 300万 + G1勝利数 * 200万 + クラシック勝利数 * 500万

※実際マジムンハートが草案どうり200万の増額でした。

 

2回目以降の種付け料改定

2回目以降は前Sの産駒成績が対象となります。

 種付料 = 前Sの種付料 + 前SのG1勝利頭数 * 200万 + 前Sのクラシック勝利数 * 300万

2回目以降から条件は厳しくなりますが、GⅠ勝利すれば減額はありません。

草案から抜粋

 

種付け料改定(減額)

産駒のGⅠ勝利により種付け料は増額されますが未勝利の場合は減額対象になります
減額は2回目以降の種付け料改定から始まります。

GⅠ未勝利の場合

種付料 = 前Sの種付料 + (前Sの重賞勝利回数 - 5) * 100万

GⅠ未勝利の場合は産駒の重賞勝利数が対象となります
重賞未勝利の場合一度に500万のマイナス査定がくだされます
産駒重賞5勝でも現状維持となるとシーズン経過によりかなりの取り消しが発生しそうです。

GⅠ1勝馬で全体公開した場合一発取り消しもありえます。

種付け料が0になった場合公開取り消し種牡馬は厩舎へ戻されます。

 

種牡馬が淘汰されたのちには

取り消しというとマイナスなイメージですが、そう悪い事ばかりではありません。取り消しを受けた種牡馬は馬会種へ移動することになります。その分馬会種は充実してくるでしょう。

中には遺伝落ちした種牡馬も含まれてきますが、繁殖牝馬が惰弱な場合遺伝が高いより遺伝S~Aの方が良い馬が生まれる場合があります。

また順調に種付け料を上げている馬は遺伝力と活性力が上がっている可能性があります。これは種牡馬リーディング画面の重賞勝利数を見れば簡単にわかりますから今後はそういう馬に余勢枠応募が集中しそうですね。

現在16頭の公開種を抱えていますが、来Sあたりから取り消しが出そうです。とくに気にはしていません、種牡馬として育成したい馬はまだ現役であり個性変化狙いの最中なもので(笑)

 

 

 

 

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-種牡馬
-

Copyright© bakenclub , 2017 AllRights Reserved.