euro-1144835_640

庭先取引

庭先取引2

投稿日:

購入いただいた皆様に厚く御礼申し上げます

庭先取引は好調でクラブセブンを残して残りは売れました。
購入いただいた皆様、ありがとうございました。

おかげさまで資金も200億を超えました(一部アイテム売却益含む)

早速ですが庭先取引第2弾!

 

バケンワン

10

ハート産駒はパラの成長度合いが早いのでペットを強化したり高助手やシンザン鉄などを使いパラメーターの成長を加速してあげると早期2歳戦の短距離重賞(芝/ダート)を席捲することも可能です。この馬は現相馬を入れていないので分かりませんが現パラが大きい場合はチャンス大。

バケンツー

11

ゴチョウメ産駒は中長距離のスペシャリスト狙いになります。牡馬なら突破による強化をはかるのですが残念ながら牝馬に出ました。繁殖に上げた場合グレイソヴリン系なのでアウトブリード主体の種付けになります。

バケンスリー

12

同じくハート産駒、適正面から2歳戦の芝重賞狙いが妥当です。持続SSの牝馬なので2歳戦終了後繁殖牝馬としても使えそうです。

バケンフォー

13

ハート産駒の距離化けはめずらいのですが牝馬の中長距離だと色々な面で敷居が高くなります。叩きあいで補填するか又は持続はSSなので繁殖に上げるか。その場合でもパラメーターのAは足を引っ張りそうです。

バケンファイブ

14

スペシャル産です。距離がいい感じで出ました。どこでも走れます、特にダ14重賞はいいかもしれません。ハート産駒に比べて育成途中で壁に当たる可能性があります、パラが動かない場合は確率の低いアビ取得よりも出走を重視したほうが良い結果が出ると思います。

バケンシックス

15

スペシャル産です、右適性が良いのと父譲りのスペシャリストで自分で育成するか最後まで迷った馬です。普通成長に化けたので、スピードとパワーを突破により埋めることが出来ます。ただしゲートが問題、現在おなじような馬を育成中ですがパラは埋まりロケスタも装備したのですが今日がデビュー戦でロケスタの効果が未知なので何とも言えないのです。

 

未受胎がまだ9頭も残ってます、初日の種付けはそこそこ良かったのですが2日目は生産した約半数は庭先に出すこともできず処分しました。ゲート悪が復活したかのように湧き出ているのは困ったものです。

馬券倶楽部ではスペシャル産ハート産そしてゴチョウメ産に力を入れて生産してます。
そのためそれらの産駒が今後も庭先に出没しますが是非走らせていただいたら馬主の懐も少しは膨らむかもしれません。(冗談)

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-庭先取引

Copyright© bakenclub , 2017 AllRights Reserved.