crash-test-1620604_640

管理人の日常

バイク通勤とはオサラバ~まずは任意保険をいれる

投稿日:

車検証の名義変更をする

先ほど市役所へいってきました
駐車場が満杯でさらに駐車待ちでウロウロしてる車両がいっぱい

何事かと思いながら車はお隣の市民体育館の方へ

役所に入ると税務課の前にお年寄りの大群が(笑
季節の風物詩といったところでしょうか。

市民課の窓口で住民票を受け取り
車検代行センターへ

住民票は車検証の名義変更に使います
軽自動車の場合は新旧所有者の「認め印」各1本と
車検証それに新所有者の住民票があればいいのです。

代行センターに頼むと2千円也
代書代1000円と手数料1000円といったところでしょうか。

自分でも陸運局にいけばできるのですが
片道1時間半と燃料代、休日を取る手間を考えれば2千円は安いと言えます。

 

明日新しい車検証を受け取り、それを損保にファックスにて送ります
それを受けて保険屋さんから見積書が送られてきます。

保険の効力は保険屋さんがファックスを受理した時点から

これで安心して運転が出来ることになります。

 

なんでこんなことをしてるのかと言うと
長男が新車を購入したため、長男が使用してた車両は二男へ
二男が所有の車両は私に順次払い下げられたのです。

これでやっとバイク通勤から解放されることになりました。

気になるのは保険料ですが、長男には私の等級(22等級)を譲っているので保険料は若いのに格安です
二男には私の名義で35歳以上特約に子供運転年齢条件特約と車両へ等級変更により10等級から始める事ができます

こういう家族間での等級の譲渡は「吐き出し制度」「押し出し制度」と呼ばれています。

私の等級はセカンドカー割引により7等級からですが35歳以上特約がありますから。

22歳で全くの新規だと6等級から始まり、安いと評判のネット損保でも車両保険なしで7~8万
市役所行って代行屋によりファックスを送るだけでコスパは最大限になります。

 

競伝の方は東京鯖は2歳馬2山目を終了しそう、札幌鯖はいつもと変わらない戦績ですが
なんだかケイデンのモチベ最悪で記事を書く気がまったくおこりません。(笑)

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-管理人の日常

Copyright© bakenclub , 2017 AllRights Reserved.